Use Scene活用シーン

こんなお悩みありませんか。

別担当者でもスムーズに電話対応したい
総合受付電話番号にかかってくる電話でありがちなのが、お客様からの問い合わせ内容をうまくメモしたり、覚えられなかったために、別担当者に取り次ぐ際にスムーズにいかないことですよね。
電話を引き継ぐ際に重要なことの伝達が抜け落ちていたために、お客様に何度も質問をしてしまい、怒られた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バトンタッチには通話をしながら入力し自動保存できる「通話メモ」や、精度の高い「文字起こし」があるため、取次で十分に伝達できなくても、可視化された要点や通話内容を確認できるので、スムーズな電話対応が可能です。
電話の取り次ぎコストを削減したい
電話内容に関係ない人が出てしまったばかりに、わからないことを言われてしまって、逆に取り次ぎに時間がかかったり、間違いがあったりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。 バトンタッチなら、通話録音ができ電話相手が話した内容も聞けるので、もし電話を取ることができなかった場合でも、相手の話した言葉を一字一句逃さずに聞くこともでき、状況の把握に役立ちます。
電話での問い合わせを業務改善に活かしたい
カスタマーサポートにかかってくる電話の内容はエクセルや社内システムで起票してあげているものの、それで終わってしまっている。実はまったく分析などもできていない、そんなことありませんか?
バトンタッチなら、問い合わせ内容を書き起こしたものをコピー&ペーストしたり、問い合わせごとにタグ付けができるので、問い合わせ内容の分類や分析が簡単です。
電話でのクレーム対応を改善したい
電話応対でクレームとなってしまった場合、どの部分の何が悪かったのか、振り返る方法も余裕もないカスタマーサービス部署の課題を解決したい。 バトンタッチなら応対内容の自動録音と書き起こしをしているので、上長がその日の業務を振り返るついでにさっと応対内容を確認してフィードバックをすることもできます。また一つ一つの録音を全て聞かなくても書き起こし内容から判断ができるので、業務改善にかけられる時間が少なくても有効に活用することができます。
カスタマーハラスメント対策を打ちたい
電話対応をすると、1日に1度や2度はクレーム対応も。大抵のお客様は、「前回どうだった、ああだった」と話してくるものの、記録に残っている内容とは合っていないこともほとんど。ただ、お客様と話した内容もメモ程度で記憶もあやふやなため、こちらが謝る以外には選択肢はありませんでした。 バトンタッチの録音&書き起こし機能を活用すれば、同じお客様とのやりとりの詳細も、音声や文字として残っているので、クレーム対応時の事実確認として、安心の材料となります。

電話帳を共有したい
お客様の連絡先は会社携帯にしか登録していない。他の担当者からかけてもらう際に、電話番号や担当者名、加えて特徴なんかをわざわざメールや電話で伝えるのが、かなり手間。 バトンタッチなら、共有された電話帳を登録し、相手との通話履歴や特徴も1画面でみれるから、最悪担当者の名前を伝えるだけで、検索から確認可能。
簡単に顧客管理したい
顧客情報を管理すると言っても、現在の契約状況や担当者、細かい管理はシステムの移管や担当者の複数回の変更によって、まともにできていない・・・。 システムはあるものの、見づらくて結局は誰も使えていなかった状況も心当たりあるのではないでしょうか。 バトンタッチならかかってきた電話から簡単に顧客情報を作成でき、通話履歴やバトンの履歴も一画面で確認できるので、直感的な顧客管理が可能です。

お問い合わせはコチラ